横浜中華街・川味(刀削麺と四川料理のお店)トップページバナー

横浜中華街・川味 刀削麺とは/刀削麺メニュー/日本初!青汁刀削麺

■刀削麺のルーツ■
刀削麺イメージ

「中国四大麺」の一つにも数えられる刀削麺のルーツは、中国山西省にあります。
十四世紀、元の時代。当時、政権を握っていたタタール族は、漢人が謀反を起こすのを防ぐため、金属類を没収し包丁は10家族に1つとし、それを交替で使用させていました。
ある日、今の山西省晋中市にいた1人の老婦人が、麺をこねて昼食の準備をし、夫に包丁を取りに行かせました。しかし夫は、他の人が使用中だったため包丁を用意できませんでした。帰宅の途中、夫は薄い鉄片につまづき、何の気なしにそれを持って帰りました。 家に着くと家族が食べるのを心待ちにしていたため、夫は先ほど拾った鉄片で麺を切ろうと言い出しました。 しかし老婦人は、この鉄片では麺を切ることはできないと、練り粉を左手に持ち右手に鉄片を持って麺の塊を削り落とし始めたのです。 そして出来上がった麺を食べると、これがかなり美味しく、それ以降は包丁ではなく鉄片で切ることとなりました。
これが全国に広まり、今の刀削麺となりました。
もちもちとした食感が魅力の刀削麺。 その名の通り、くの字型をした包丁で小麦粉の塊をシャシャッと削り落として鍋に飛ばして茹でられます。 麺に出来る薄い部分と厚い部分が、柔らかいながらも噛み応えのある独特の食感を生み出しているのです。

【刀削麺メニュー】
 ※以下の料理分類名をクリックするとメニュー詳細をご覧いただけます。

■日本初!青汁刀削麺■
青汁刀削麺イメージ

刀削麺を知り尽くした川味オーナーと料理長が研究を重ね、日本初の「青汁入り刀削麺」を開発しました。
青汁はビタミンやミネラルが豊富で、野菜不足解消やデトックス効果も期待できる食材です。 苦味もなく程よい味わいの分量と、麺への丹念な練りこみは当店の秘伝となっております。 ここにしかない味わいを、是非一度、青汁刀削麺をお楽しみください。現在は一日限定20食となっております。

■青汁刀削麺への変更(追加オプション) ※一日限定20食のみ
 全ての刀削麺に、+150円(税込み)の追加注文で青汁刀削麺に変更出来ます。

川味のお料理メニュー